カーブス 口コミ

カーブス口コミ

カーブス口コミ

 

カッコイイ立ち方を目指し、姿勢スクールに通う女性はたくさん・・・。

 

また、歪みを矯正したくて、体操をしたり治療施術に通う女性もたくさん・・・。

 

でも、それで本当に美しい姿勢になりましたか?歪みは治りましたか?

 

スクールで習うのは「上から吊り上げられるように意識して・・・」といった、“意識”の部分のみ。

 

意識したところで、本当にあなたの姿勢は変わっているのでしょうか?

 

また、一時的に施術をしてもまたすぐ戻ってしまう・・・。
たとえば、その部位に筋肉が全くないのに、その部位の筋肉を意識できますか?

 

姿勢では意識することもひとつの要因ではあるのですが、意識がすべてではありません。それは、意識とかの次元ではなく、物理的にあるかないかの問題です。

 

たとえば、お腹の内側の骨盤よりにある小さな筋肉を意識して・・と言われても、ピンときますか?

 

意識が難しく感じて、挫折する女性も多くいます。

 

姿勢作りもボディメイクですから、「腹筋を毎日やれば姿勢はよくなる」「毎日意識するのが大事」という精神的論や洗脳的指導とは全く異なる、きちんとした科学的概念が必要なのです。

 

ある意味、姿勢を意識のせいにするのは指導者やトレーナー側の逃げといえるのはないでしょうか?

 

ボディメイクしているのに、姿勢が変わらないのだろと思ったら、その辺りを探ってみるのもよいでしょう。

 

詳しいボディメイク方法は、あなたの信頼のおけるボディメイク専門家かボディメイクを手掛けているパーソナルトレーナーに聞いてみるとよいかもしれません。

 

やみくもに下半身エクササイズすることは、女性ボディメイクの場合危険です。日本人に多い下半身ががっちりした農耕民族体型の場合は特に危険です。スポーツマン向けのスクワットはもちろん、ボディメイク向けにアレンジしたスクワットであっても注意が必要です。

 

この末端筋肉部位と深層筋肉部位の筋力調整がないと、たとえBの関節角度調整してスクワットを同じにようにしても、ふくらはぎや太ももを優先的に使ってしまいふくらはぎや太ももがパンパンになってしまいます・・。

 

女性にとって、ふくらはぎや太ももがパンパンになることは嫌ではありませんか?ふくらはぎや太ももがパンパンになりたいのなら別ですが・・・。

 

これらのボディメイク概念とボディメイク技術がないと下半身太りはなかなか解消されないでしょう。そしてモデルのような細く引き締まった下半身にボディメイクしていくこともできません。

 

下半身太りをあきらめている女性が多くいっらしゃいますが、きちんとボディメイクしていけば、それほど難しくないものです。ボディメイクしているのに下半身太りが解消されないのは単に、あなたの身体に合った適切なボディメイクトレーニングができていないだけです。

 

ボディメイクしているのに、なぜ下半身が変わらないのだろう、なぜ下半身ダイエットできないのだろうと思ったら、その辺りを探ってみるのもよいでしょう。

 

これら下半身痩せダイエットや下半身太りダイエットの具体的なトレーニングやエクササイズ方法など詳しいボディメイク方法は、あなたのお近くのダイエットボディメイク専門家かボディメイクを手掛けているパーソナルトレーナーに聞いてみるとよいかもしれませんね。